前へ
次へ

家庭教師の子供への接し方

家庭教師というのは、子供と長時間に触れるので、その講師の性格は非常に大切です。
子供とその講師と相性が合わなかったら、子供が不満に感じてしまい、勉強も身につかなくなってしまいます。
特に注意が必要なのが講師がコミュニケーション能力が高く、親との相性がいい場合です。
いくら親と相性が良くても最終的には子供と講師の相性が一番大切になってきます。
いくら親と相性があっても、子供と会わなければ意味がありません。
ですが、子供が講師を嫌っているので、親が好んでいるので、そのまま講師を信用しきっているということもあります。
ですが、子供の意見を一番に聞くようにしましょう。
子供と家庭教師の講師とは、とても長い時間触れ合っているわけです。
本当に、子供のことを想ってくれていて、信頼できる人に託す必要があります。
受験のこともそうですが、私生活のことでも相談をすることができるような家庭教師の講師を頼む方がその子供の将来のためになります。

Page Top