前へ
次へ

家庭教師で宿題が多い人と少ない人

学校の先生に対するイメージとして、宿題をたくさん出す先生は好きでない、宿題が少ない先生は好きがあるかもしれません。
宿題が多ければその分帰ってからの自由時間が減ります。
遊び盛りだと自由時間を減らす先生は嫌だと感じるかもしれません。
ではなぜ先生は宿題を出すかですが、それは生徒にしっかり勉強を理解して身に着けてもらいたいからでしょう。
自分で勉強できない生徒でも宿題だと嫌でもしなくてはいけません。
自然に理解し身に着けられるようになります。
家庭教師を利用するときもいくつかの差が生じ、宿題を多めに出す人もいればあまり出さない人もいます。
個々の家庭教師のスタイルなのでしょうが、先生によっては生徒によって出す量を変える人もいます。
自分で勉強するのが苦手な子には多めに出し、自己学習がきちんとできる子にはあまり出さずに自己学習の邪魔にならないようにしてくれます。
学生の家庭教師によっては子供の区別なく宿題を多く出す先生もいるので注意が必要でしょう。

Page Top