前へ
次へ

家庭教師は見た目で選ぶべきかどうか

高校は校則などの規則が厳しく、髪の毛を染めたりパーマをあてたりができないかもしれません。
一方大学は服装に関する校則はほとんどなく、学生の自主性に任されています。
社会に出ると職業にもよりますが、公務員や一般の会社だと暗黙の了解のものとそれなりの制限があります。
ファッション系の仕事や自営業であれば規制はなく自由な髪型などができます。
これを踏まえて家庭教師においてはどんな人を選ぶべきかを考えてみましょう。
大学生の家庭教師を利用するのであれば、学校の校則上色々なファッションの人が来る可能性があります。
派手な生活が好きな人は染めたりパーマをあてたりしているでしょう。
一方アルバイトのことを考えてそれなりの服装で来る人もいます。
見た目が派手だから教え方が悪く、真面目そうだから教え方が良いわけではありません。
ただ仕事に対する姿勢としては真面目な見た目の人の方がやる気は感じられるでしょう。
見た目を気にするなら許せる範囲の服装の人から選ぶと良いでしょう。

Page Top